スポンサーサイト

0
    • 2011.10.26 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    五反田美容室 美容効果もあるってホント? 秋は新しい日本酒の飲み方を楽しんでみる?

    0
       ワインや焼酎、ハイボール。L25世代はお酒の美味しさを少しずつ開拓しているけれども、日本酒を飲む女の子は少ないのはなぜ? タレントで日本酒造組合中央会認証「日本酒スタイリスト」としても活躍中の島田律子さんに、日本酒の魅力と、もっと気軽に楽しむためのポイントを伺いました。

      「20代の女性が日本酒をあまり飲まないのは、どこかおじさんぽいと思っていたり、アルコール度数がワインは12度程度などに比べて14度から15度と高めのため、強いお酒と感じているのも理由かもしれません。酒は百薬の長という言葉があるように、製造過程で栄養がそのまま残るため、栄養が豊富。飲むと体温がじんわり上がって血の巡りが良くなり、肌のツヤも出るという美容効果もあります。おいしいお米と水、そして日本の風土が育てた伝統文化である日本酒は、ぜひ若い人にこそ飲んでいただきたいですね。悪酔いしないように和らぎ水と呼ばれるお水をチェイサーとして飲んだり、慣れない人は他のものと割ったカクテルで飲んでみるといいですよ」

      美容に良いというのは、女子にはうれしいポイントですね。日本酒でカクテルってどこにあるの?と思ったら、最近は出しているお店が増えているようです。なかでも銀座の「SAKE HALL HIBIYA BAR」では、宮城・一ノ蔵、新潟・吉乃川など、全国から招いた7つの酒蔵をイメージした個室があり、各蔵自慢の日本酒を使ったカクテルがなんと150種類! 同店のプロデューサー・山本利晴さんによると「価格が量に対して比較的高くなってしまうことが若者離れの一因だと考えていました。でも、カクテルにすることで、手頃なお値段で提供できます。おすすめはソーダーとトニックウォーターと割ってオレンジピールで香りづけをしたAKENIC(サキニック)。各蔵元の日本酒の味をとても感じられるので、最初に頼む方が多いです」
      身体の中からぽかぽかにしてくれる日本酒、カクテルを入口に、もっと楽しんでみたいですね!
      (L25編集部)
      銀座美容室

      五反田美容室 「防犯」「おしゃれ」でアピール 住宅各社、単身女性に照準

      0
         住宅各社が単身女性向け住宅の開発に力を入れている。警備会社の防犯システムを装備して安全性を高めた物件のほか、内外装のデザインにこだわった住宅、美容のための専用空間を設けた部屋−など“あの手この手”の需要喚起策に知恵を絞る。晩婚化を背景に20〜30代の単身女性が増える中、女性が「家選び」に重視する機能をアピールし、入居率向上や販売拡大につなげる狙いだ。

         大和ハウス工業は27日、女性向けの賃貸住宅を28日から発売すると発表した。同社が女性向けと銘打った商品を出すのは初めて。最大の売りは防犯対策だ。警備大手のALSOKのシステムを装備、部屋の異常をセンサーが感知すると、ガードマンが現場に駆けつける。またタイマー操作で留守中に照明が点灯・消灯する仕組みも採用した。防犯に加え、洗面台には幅126センチの大型鏡を設けるなど美容空間にもこだわった。

         1坪当たりの工事価格は35万7000円から。通常の賃貸住宅に比べ1戸当たり10万円のアップになるが、同社の堀福次郎取締役は「防犯性という付加価値をてこに今年度に最低でも1万戸の販売を狙う」と意気込む。

         パナホームは、独身女性を対象とする賃貸住宅を東京都三鷹市に開設。女性建築士の声を反映し、外観は白いタイル調で統一した。室内には美肌に貢献する蒸気発生器を全戸に採用し、女性の好みに配慮。賃料は2週間で2万8000円からとした。

         分譲マンションでも単身女性を意識した物件開発が進んできた。大京は20代後半〜40代前半をターゲットに、住居面積60平方メートル以下の小型物件を東京・赤坂で開発。5段階のセキュリティーゲートの採用など防犯面に配慮し、売れ行きも好調という。2008年に女性の需要獲得を狙いに、小型マンションブランドを立ち上げたのが三井不動産レジデンシャル。都心の山手線の内側の立地で1戸当たり4000万円程度の価格が30代の単身女性に受け、年150〜200戸が安定的に売れる堅調ぶりだ。

         05年の国勢調査によれば、単身世帯に占める30代の女性の比率は8.5%と、1990年に比べ4.8ポイント上昇した。また30歳前後の単身女性の消費支出に占める住居費は総務省調査で3割超となるなど「全支出の中で最大」(大和ハウス)だ。住宅着工が伸び悩む中、“良い家”への支出を惜しまない単身女性を狙いにした住宅の開発競争が今後、激しくなりそうだ。(今井裕治) 会津若松美容室シンジュラー 日光宿泊 会津若松美容室 補正下着 補正下着 大森美容室 二子玉川美容室 大泉学園美容室 大井町美容室 品川美容室 蒲田美容室

        五反田美容室 アレルギー物質非表示でウインナー自主回収 山形 

        0
           庄内保健所に入った連絡によると、東北日本ハム(酒田市)が製造したウインナーソーセージ「ウイニー」に食品衛生法で表示が義務づけられたアレルギー物質(卵及び乳)が表示されておらず、自主回収を始めたことが17日、分かった。県食品安全衛生課によると、東北6県と茨城県に、計2673パックが出荷されている。賞味期限記載欄に、「11・5・8・NH」「11・5・10・NH」と標記されているという。健康被害は報告されていない


          calendar
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          • 五反田美容室 「防犯」「おしゃれ」でアピール 住宅各社、単身女性に照準
            AtoZ (08/26)
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM